ベストケンコーのジェネリック医薬品

みなさんは、ジェネリック医薬品についてどのようなイメージをおもちでしょうか?
私は正直言ってあまりいいイメージはありませんでした。
例えばバイアグラのジェネリックである、カマグラゴールドですが、なんとなくいいイメージがありませんでした。

両方ともベストケンコーで取り扱われていますし、悪くはないとはあ思いますが、じぇねっくと聞くとなんとなく、安物であるというイメージになってしまいます。

例えば、フレッシュネスハンバーガーとマクドナルドの関連性のような(笑)

マクドナルドは前者とくらべるとどうしても安物で質が悪いと考えてしまいますよね。
このような感じで、正規とジェネリックは、本物とその安物というイメージになってしまっていました。

しかし、それは間違いでした。
ジェネリックとは安物という意味ではなくて、後発という意味です。

例えばバイアグラなどは開発費などが上乗せされていますし、アメリカなどの先進国で製造されているようですので、値段は当然高くなります。

工場の設備もいいでしょう(たぶん)
そういうことが値段に反映されてそれ相当の値段になるわけです。
最初に投資した金額分は回収しないと、いけませんからね。製薬会社もボランティアで屋ているわけではないでしょうし。

ジェネリックが安い秘密は、ズバリ、そういった開発費や宣伝費がないからだと思います。
それに、インド等で製造されている事がほとんどですので(少なくともベストケンコーの場合は)人件費の都合上、安くなるのは当然と言っては当然のことですね。

ジェネリックときくと、なんだか、小汚い人が、どこかの田舎の工場で、奴隷のように薬を製造している・・・そんなイメージです

マスクも手袋もなし、服は私服で、ぺちゃくちゃとしゃべりながら薬を箱詰めにしている・・・そんなイメージなんです。

格安の回転ずしやでは、高校生のアルバイトが小便をした後に手を洗わずに寿司を握っているといったイメージです。

ベストケンコーはアジアのどこかから発送しているようですが、きちんとした人が発送しているのか、よくわかりません(笑)

東南アジアと聞くと、私のイメージとしてはこんな感じです(笑)すいません。

で、話を戻しますが、ジェネリック医薬品はインドの中のきちんとした製薬会社で製造されているようです。
きちんとマスク、ヴぉ牛、手袋をしてくれていればいいのですが、インドはバスが提示に来ないし、電車の時間も適当、まちは治安が悪く、観光客は墓ったくられているといったイメージがあります。
これは、前読んだ、インドを訪問した人の旅日記を読んでそういイメージになったのかもしれません。

私のようにそういったイメージをお持ちの方は、それは間違いである事はすぐにわかるでしょう、インドで画像検索してみてください。都心は東京と変わりません。

ですから、ジェネリック委託品=安物で変な人が作っているといったイメージは間違っています。

Comments are closed.