ベストケンコーを利用していい人、してはいけない人

私はベストケンコーを利用してながいのですが、利用者からのアドバイスとして、個人輸入代行はやはり未成年が利用するものではないと思います。

ベストケンコーでは未成年の利用を禁止しています。

しかし、今の時代、インターネットでわいせつな動画がワンクリックで見れたり、コンビニではATMの横にエロ本が置いてあったり、Wikipediaでは女性器がそのまんまのっていたりと、日本の法律がネットの法律に追いついていないんはないか?という意見もあります。

ですから、私はネットの利用を免許制にすべきだと思います。

そして、そのクッキーなどを利用すれば閲覧者が未成年かどうかがはっきりわかるのでベストケンコーの運営サイドでも簡単に把握できるのではないでしょうか。

20歳以下がベストケンコーを利用して、何か事後があったらどうするんだ?誰が責任をとるんだ?というモンスターペアレントのような人もあらわれかねません。
この辺りは、利用者の自己責任であり、利用者の裁量に合わせるという認識でいいかと思います

未成年を禁止しているジャンルはたくさんあります。20歳以下には販売してはいけないエロ漫画等の媒体も、ネットでブログなどを読んでいたら普通に広告が表示されます。

ひどいものでは、小学生をおじさんが辱めているといったあり得ないレベルの犯罪行為を行う漫画の広告まで出ている始末です。

ですから、インターネットを安全に未成年に利用していただく為にもネットは免許制にすべきだと思います。

ベストケンコーを未成年が利用してはいけない理由としてはやはり、責任問題でしょう。
20歳を超えていれば大人としての自己責任として処理はできるでしょうが、未成年だとやはり、ちょっと問題かなと思うところです。

ベストケンコーの利用は20歳を超えてからにしましょう。

こんな人は利用してはいけない

利用してはいけない、とうよりは、病院に行って、処方してもらった方が、早いし安い部分もあります。

ですから、盲目的にベストケンコーの方が安く済むなんて思うのは間違いです。

例えば、プロペシアなんかは、1か月分7000円くらいで処方してくれるという広告をタクシーで見ました。
実際は治療費や診断料などもかかるので、プロペシア代だけで済むわけではないでしょうが、それでも、+数千円でしょう。
医師のアドバイスを買うという認識であれば安いのではないでしょうか。

まとめると、ただ安いからという理由でベストケンコーを利用する人はちょっと情報弱者なのかもな、と思います。

とりあえず、医者に行くことをお勧めしますよ、そのあとで、薬代を浮かせるためにベストケンコーの利用をすることを相談すればいいのです。

そうすれば、適切な分量がわかるし、1か月分の分量なども教えてくれるでしょうから、薬事法に違反する事はないです。

ベストケンコーではバファリンやロキソニンなど、薬局に普通においてあるやつも紹介しているので、そういったものはわざわざ医師の相談を受ける必要があるのか?とおもいあmすが、そのあたりお念のために医師のアドバイスを受けた方がいいとおもいますよ。

Comments are closed.