医者に相談してから行うのがベスト

ベストケンコーがあれば、医者に行かなくていいという間違った考え方について

個人輸入代行で有名なベストケンコーですが、もちろん便利ですが、やはり、委託品ですので、注意が必要です。

バファリン等のおなじみの薬もとあり扱っていますが、それは第三医薬品など、医師の処方がなくてもOKなのです。

医師の処方が必要なのは第一医薬品等の種類です。私は医師ではないので、そのあたりの事情は存じ上げませんが、薬にもいろいろ分類があるという事です
例えば、最近楽天が(通信販売の大手ネットショップの集合体を運営する会社)などが訴訟を起こしました、ケンコーコムなどもかかっている案件です。

それは、医薬品のネット販売に関する事で、薬の通信販売を認めてほしいという裁判です。

薬事法などについてはわたしは良く分かりませんが、基本的には、薬は医師から処方してもらうべき、という考え方です。

もしくは、バファリンやシップ薬などは薬局で販売してもよいという事です。

くすりにも危険度があります。例えば、モルヒネなどは麻薬としても使用可能ですので、もちろん、薬局では販売してはいけませんよね。

そんな事をしたら日本が大変なことになってしまいます。
例えば、覚せい剤などはメタンフェタミン等の薬剤として、製造されています。
これらは緊急時に使用されたり、がん患者等の痛みを軽減させるためにりようするものであって、誰もが買えるようにできないわけです。

ベストケンコーも同様に、このような危険すぎるものはおいていないようです。
医薬品というより、薬物になってしまいますからね。

第一医薬品や第三医薬品などの日本の薬事法が、ベストケンコーなどの海外法人、そして、それらの国の法律にどのような影響をするのかはちょっとわかりかねますが、自主的に個人輸入代行を制限している医薬品があるのはたしかです。

さて、本題ですが、医師の処方をうけて医薬品を入手するのが一番望ましいという事です。
なぜかと言いますと、やはり医薬品ですので、副作用などの心配があります。
第二に、すぐに手に入るし、分量も決められていますので、使い過ぎがなくなるといった安全性もあります。

ですから、ベストケンコーを通じて、医薬品を輸入する事は、医者に相談してから行うのがベストであると私は考えます。

しかし、利用したくなる気持ちもわかるんです。
医師に相談すると恥ずかしいと言われる分野が存在するのも事実ですからね。まぁ、いわゆる下半身事情や女性であれば胸部ですね。

やはり、医師とはいえ、裸になるのは提供があります(笑)
例えば、痔の薬が必要な時に医師にいくと、パンツを抜いて、肛門に指を入れられて・・・といった人として恥ずかしい思いをすることは容易に想像ができます。
そういうのが恥ずかしいと感じる方は、本当は気にする必要がないので、医師に相談をしていただきたいのですが、病的に恥ずかしがる人もいるのも事実です。
何も治療をしないと悪化をする恐れがあるので、ベストケンコーを利用するのもいいのかもしれませんが、下半身系の病気でも恥ずかしがることはないと思います
大勢の患者をみている医者ですからね。

Comments are closed.